楽天トラベル
ハワイのオプショナルツアーなら楽天トラベルナビ
お申込方法 マイプラン アカウント登録 

グアムのオプショナルツアーの情報など、現地から直接発信してます。

最新情報

楽天トラベルナビ 発信

ワクチンツーリズム、台湾からの需要好調


楽天トラベルナビ
6月にグアム政府観光局(GVB)が開始したワクチンツーリズムプログラム「AirV&V」の利用が好調。
台湾からの利用が増えている状況で、ライオントラベルでは7月から8月初めにかけて設定した4泊5日と6泊7日のコースがすべて完売したほか、22日間のコースも売れ行きは好調で、8月に追加設定をしている。参加者は50歳以下が過半数で子連れも多い。
また、THE GUAM DAILY POSTによると、メモリメーカーのADATA Technologyが社員100人超とその家族をチャーター機でグアムに運び、ワクチン接種の機会を提供したとの事。
現地スタッフより   07月21日

グアム観光局がワクチンツアー、台湾からの第一陣が接種受ける


楽天トラベルナビ
米領グアムで新型コロナウイルスワクチンをセットにした観光ツアーの受け入れが始まった。6日に早速、台湾からのグループが到着し、翌日接種を受けた。
グアム政府観光局が先月、ワクチン(vaccination)と休暇(vacation)を組み合わせた「エアV&V」プログラムを発表した。
12歳以上の参加者は到着翌日に滞在先のホテルで、米ファイザー、モデルナ、ジョンソン・エンド・ジョンソン製の3種類から選んだワクチンの接種を受けることができる。ほかの場所で1回目を済ませている場合も接種可能とされる。
海外からの渡航者に義務付けられていた隔離措置については、ゲレーロ知事が今月4日以降、搭乗前72時間以内に新型ウイルスの検査で陰性を示していれば免除すると発表した。同日以降に海外から訪れた先着5000人には、島内で使える500ドル(約5万5000円)の買い物券も贈呈される。
エアV&Vに参加するには航空チケットを取り、指定されたホテル11軒の中から滞在先を選んで予約する。ワクチン接種はオンラインで予約できる。
台湾の国営中央通信社(CNA)は、6日に台北からの最初の便で164人が現地に到着したと伝えた。台湾の大手旅行社ライオン・トラベルによると、今月中旬までのツアーはすでに完売している。
現地スタッフより   07月12日

8月までに台湾から2000人超が予約、ワクチン費用値下げで需要増


楽天トラベルナビ
グアムは「AirV&V」の名称でワクチンツーリズムに力を入れているところで、検査で陰性ならば隔離を不要とすることも決めており、これを受けて台湾から8月までに2000名を超える予約が入っている。
第1便のチャーターが175人を乗せて7月6日の午後到着、昨年3月以降で初めてのグループツアーとなり、旅程は5日間、7日間のほか、22日間のツアーもあるという。
現地スタッフより   07月07日

グアム、検査で陰性なら隔離不要に、7月4日から


楽天トラベルナビ
グアムに入国する旅行者のための新しい検疫要件

新変更点:2021年7月4日(日)より有効
ワクチンを完全に接種済みであれば、検疫が免除される。現在グアムで有効性が認められているワクチンの種類は、Pfizer-BioNTech、Moderna、Johnson & Johnson/Janssen または AstraZenecaの4種類のみ。
ワクチン接種が完了していなくても、2021年7月4日(日)午前12時01分から、すべてのグアム来島者に対して、到着の72時間以内に受診したPCR検査の陰性証明を提出することで検疫が免除される。
ワクチン接種が完了していなくても、2021年7月4日(日)午前12時01分から、到着の72時間以内に受診した抗原検査 (antigen test) の陰性結果を提出することで、グアム政府指定の検疫施設での隔離ではなく、ご自身が予約したホテルまたは自宅で隔離・経過観察を受けることができる。

※PCR検査結果の、有効な検査方法や検体採取方法に関しては現在確認中でございます。わかり次第情報更新いたします。
現地スタッフより   07月02日

グアムのコロナ・ワクチンツーリズム


楽天トラベルナビ
5月14日(金)、グアム政府は検疫免除の条件として新型コロナウイルス陰性証明の提出ではなく、ワクチン接種完了証明の提出へ変更することを発表しました。こちらは5月15日(土)から施行されています。入島時にアメリカ食品医薬品局(FDA)が承認するワクチン接種完了の証明書を提出するとともに、最終ワクチン接種日(2回接種が必要な場合は2回目の接種日)から2週間経っていることが検疫緩和の条件となっています。

同時に、ワクチン接種の対象年齢を12歳まで引き下げること(5月13日から施行)、集会の人数を最大100名にまで緩和すること(5月15日から施行)などが発表されました。
さて、最近グアムでよく聞かれるのが「ワクチンツーリズム」という言葉。ワクチン接種が順調に進んでいることから、アジア地域に住むアメリカ人がグアムに来てワクチン接種をできるようにするというもの。接種するワクチンの種類によってはグアムに長期滞在が必要で、ホテルやレストランの利用を見込んでの計画です。

南国でのバケーションを目的とする観光客ではなく、アジアに近いアメリカグアムでワクチン接種を目的とする来島者を呼び込むことで、日本のワクチン接種が本格化するまでなんとか持ちこたえたいところです。

日本航空が成田-グアム便を9月末まで運休することを発表するなど日本人観光客にとって明るいニュースは見えてきませんが、グアムのビジネスオーナーたちは日本人の来島を心から待ち望んでいます。ウィークリーグアムでは引き続きコロナ最新情報お届けするとともに、ワクチン接種後にはグアムに飛んでいきたくなるような楽しい情報をお届けしていきます。
現地スタッフより   06月25日
< >